施工事例

外壁改修


Explanation

築30年以上経過している鉄筋コンクリート造の外壁に爆裂・浮きなどが多数見られたので、外壁改修工事をすることになりました。

爆裂(内部の鉄筋が錆びてコンクリートがはじける現象)部分をハツリ取り、建物全体を高圧洗浄し、爆裂箇所の鉄筋の錆落しを行い、錆止め塗装をした後、樹脂モルタルにて補修いたしました。また、庇・笠木部分に浮きが見られましたので、アンカーピンニング工法(SUS製のピンをエポキシ樹脂で固定し躯体と付着させる工法)にて処置しました。
外壁の塗装は、お客様とのヒヤリングで夏場室内が高温になり蒸し暑いということで、外壁に遮熱性塗料を使用することを提案し、施工しました。これにより室内温度も下がり、冷房の負荷も軽減され、お客様もご満足の様子でした。

室内の暑さの原因は場所により違います。暑さをしのぐには換気ももちろん大事ですが、今回のように遮熱性塗料を使用することにより体感温度が下がることも実証されています。
弊社は地元業者として、南さつま市の風土もよく理解しており、南さつま市の建物に最適な提案が出来ると自負しております。


 

P5070187-tile.jpg

 


 


 

P5070183-tile.jpg